由追の稲荷神社

由追の稲荷神社の写真4
松浦武四郎が蝦夷地調査に赴く際、この社に詣で、捧げものをして道中の安全を祈っていました。武四郎とは、幕末にアイヌ民族の協力のもと北海道を探索し、明治維新後は政府に登用されて、「北海道」の基となった「北加伊道」の改称案をあげるとともに、支庁や郡名もアイヌ民族の地名を基にした案を出した『北海道の名付け親』と呼ばれる人物で、この由追神社にて「天地の神も知りませ国の為千島の奥に思ひ入る身を」(『東蝦夷日誌』)と、詠じています。
ジャンル
概要 文化2年(1805)に京都の大仏師西田要(案)助をはじめとする数人が建てたもので、文政8年(1825)に江戸の利助という職人が再建した経緯をもつものであるという。
 なお、当初は現在の諏訪神社の場所にあったものを、後年(年代不詳)現在地に移転し、豊漁を祈願して海に面して建立されたが、昭和40年、国道5号の舗装工事で路線変更(山側に変更)した際、神社の位置はそのままにして、山側に拝殿の向きを変えたものである。
住所 〒049-2671
北海道二海郡八雲町山越
TEL
FAX
HP
地図
ネット予約
素泊料金
食事付料金
部屋施設
日帰り温泉
温泉・風呂
アメニティ
営業時間 特になし
(L.O)
営業・解禁シーズン
定休日
応急処置などの施設
AED
売店
入場料
FreeSPOT
平均予算
座席数 席/ 個室: 無  
客層
トイレ 多目的トイレ:無   
部屋トイレ
IN・OUT IN:  OUT:
駐車場  円  /大型バス 無    /車中泊 不可
ネット環境
食事
お弁当 不可 
送迎 無 
カード使用 不可
交通系電子マネー 不可
優待割引
交通アクセス JR八雲駅から 約9km
JR八雲駅から 車で 約11分、 徒歩 約1時間55分
飲食スペース
試食
ネット販売
予約 不可
最寄のCS
客層
繁忙期
創業年月日
バリアフリー対応 不可 
貸切 不可 
PR方法 特になし 
体験内容
案内する上での
ポイント
国道5号沿い(海側)にある。
運営・管理団体名
住所 〒-
TEL
FAX
HP
八雲町情報交流物産館
八雲町 丘の駅
フォトギャラリー
八雲町 フォトギャラリー
パンフレットダウンロード
八雲町 パンフレットダウンロード
イベントカレンダー
八雲町
2019年7月
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
一覧を見る
八雲物産品販売 八雲体験観光ツーリズム 全国自治体・観光協会等リンク集 バナー広告 バナー広告 バナー広告
このサイトはスマートフォンからもご覧いただけます。
下記のQRコードをスマートフォンで読み取ってください。
QRコード
  • このページのトップへ戻る