HOMEアクセス
各交通機関での八雲町までのアクセスをご紹介します。
車一般国道5号・229号を利用する

北海道南部の交通の要衝として、道路網は函館市と札幌市を結ぶ国道5号、太平洋と日本海を最短距離で横断する277号、日本海側の幹線道路である229号の北海道の大動脈国道3路線を擁し、高速道路網では、道央自動車道の整備が進み、平成18年11月に八雲インターチェンジが平成21年10月には落部インターチェンジが完成し、道央圏とのアクセスが大きく前進しました。 二つの海を持つまち 八雲町
JRJRを利用する
JR北海道の函館本線に「JR八雲駅」があります。
八雲駅は、函館駅から約1時間、札幌駅から約2時間20分です。
路線バス路線バスを利用する
函館バスでは、次の4路線を運行しています。

函館~長万部間
江差~八雲間
瀬棚~八雲~函館間
江差~熊石間
路線バスの時刻表につきましては、函館バスのウェブサイトから
ご確認いただけます。
函館バス バスロケーション http://www.hakobus.jp/
都市間バス都市間バスを利用する
北都交通・道南バス・中央バスは、函館~札幌間を共同運行しています。
高速自動車道を利用する(八雲インターチェンジ)
北海道縦断自動車道(道央自動車道)は、
現在 大沼公園(森町)~札幌~剣淵間を開業しています。
八雲町内には、八雲IC、落部IC、八雲PAがあります。

 外部リンク [区間距離表]  [通行料金(普通車)]
        (NEXCO東日本 ドライブプラザ)
  • このページのトップへ戻る